サクラパパオー

5/16、サクラパパオー観劇しました。

初めての個人的な観劇、とにかくキャストの方々に圧倒されて頭がしばらくぼーっとしてました。まさにめくるめく夢の時間、塚ちゃんがそこにいた100分間。なんだかすごかった。


お話はおもしろかったし、演劇っておもしろいなって思いました。

ですが後半あたりからなんだかもやもやしてしまったので、それが一体なぜだったのか自分で可視化するためにもここに書くことにします。


思ったことをつらつら書くので、多分脈絡も起承転結もない読みにくい文章になるかと思います。


もやもやしてしまった要因としてまず挙げられるのは、田原くんの婚約者であるきょうこちゃんに、ある場面で感情移入してしまったことが挙げられるかなと。

婚約者の博打や浮気を知ってぷんすかして帰ってしまった(ように思われた)きょうこちゃん。そんな彼女を追うか、その場に居合わせた浮気相手の誘いに乗るか、田原くんは散々迷った挙句きょうこちゃんのことをただの友達だよ〜と行って浮気相手とお酒を飲みに行ってしまう、そのシーンで私はどうしようもなく悲しくなってしまって、危うく泣くところでした。

ありきたりな言い方ですが、やっぱり男の子ってそうだよね、みたいな。女の子が面倒の権化となると、男の子は女の子を手のひらからぽいっと捨てて自分は楽しいほうへと流れていく。定型化された物事を嫌う私ではありますが、やはり男の子ってこういうものだ、という烙印付けはなかなか取ることができません。これはとても個人的なことだとは思うのですが。


その後も田原くんはきょうこちゃんを忘れて競馬に夢中になります。が、最後、「…やになっちゃった?」ときょうこちゃんに甘えてくるのです。天然たらしが!これはもうクズのフルコース!って感じでした。


私は汲み取ることができなかったのですが、婚約者がいるくらいだから田原くんはただのクズではなくてきっと良いところがあるのかもしれません。でも舞台にいたのは紛れもなくクズ、ただのクズ。大事なことなので2回言いました。


私が競馬をしないから、かもしれませんが、サクラパパオーを中心に登場人物が1つになっていくラストのシーン、とてもとても異様なものに思えました。そういうように描かれているのかもしれないけれど。

まるで催眠術か魔法かでもかけられたようにうっとりと情熱に燃えた目でサクラパパオーを見つめるかのような人たち…


それは夢やロマンを追う人たちの姿にも重なるのかもなぁ、と。そういう人たちは、きっとはたから見れば現実を見ていないおかしな人たちで、だけど本人たちは本気なんです。


「冗談でこんなおかしなこと言えないよ!」「会社やめるかもしれないし、バンドやるかもしれないし」

めちゃめちゃ意訳ですけど田原くんにこんな台詞がありました。私やきょうこちゃんから見れば、もう全然、本当にバカ!としか言いようがないんだけど、田原くん本人は本気で競馬をやっていて、多分バンド(夢)への諦めきれない気持ちがあるのかもしれない。そんな気持ち、持て余した夢やロマンのせいで、田原くんはスリリングな一夜を経たり競馬場へと通っているのかもしれない。


ヘレンさんと一夜を過ごしたのもきょうこちゃんを愛してるのもどちらも本気で嘘じゃない。矛盾してるのにそれが真実なのである。

よくわからない。


深読みかもしれないけど、私がこの舞台から感じたのはなんだかそんなようなこと、矛盾しているような真実、夢とロマンにまつわる事柄、でした。

基本的に男と女、の目線で見てしまったけど、それは私がそういう人間だから仕方がないとしか言いようがない。ご了承いただきたい。


笑って泣けるストーリー確かにそうであったのかもしれない、純粋に舞台を楽しみ塚ちゃんを可愛いと思ったことも事実ではあるが、この舞台に感じた異様さともやもやも、また私の真実である。



書きながら思ったことをどんどん追加していったので本当にぐだぐだな文章となりましたが、ささやかながら、これを私のサクラパパオー考とさせていただきます。お粗末。


3/8の少年倶楽部を見て②

中島健人くんと菊池風磨くんの絆メッセージ、それぞれ‬について。


中島健人くんの絆メッセージは3.11のことについて。内容は本当に素晴らしくてよくできた子…という感じでした。

彼の言葉選びは丁寧で、私はとても好きです。その言葉から作られる文章や語られる内容もしっかりしていて、ついつい彼の歩んできたこれまでのことを思わせるように感じます。真剣に考え選んだであろうその言葉たちによって、彼が本当に3.11のことを、人々のことを思ってくれているんだなぁとひしひしと感じました。

‪言葉がすばらしいのと、考えがすばらしいのとで、感動しました。語彙力。‬


菊池風磨くんの絆メッセージは同じグループのメンバーであり20歳を迎えた勝利くんに対して。

言葉にするのが苦手だから歌います、と自身が作詞した曲を勝利と2人で熱唱。2人並んで歌っているとき、勝利くんは風磨の方を向かずにずっと向こうを向いていた。もうこの時点で彼は抑えきれない思いがあったのかもしれない。サビ前には声がつまり出して最後には涙が溢れていた。

そんな勝利くんに対して、歌っているとき風磨は勝利のほうに体をむけて、覗き込むようにしていた。勝利を見る目は優しく、歌う彼の顔はとても柔らかだった。サビあたりからは肩に手をかけて、よくやったと頭をくしゃっと撫でていて。きっと多くは語らないけれど、いつだって側にいるし支えるよと、態度で伝えられる彼は、本当に素敵な先輩だった。

いろんなことがあった中で迎えた20歳に対して、そんな気を使うな、俺たち仲間だろって言うような風磨と、堪えきれず涙を見せた勝利、この2人の関係性に客席もみんな涙ぐんでいて本当に愛に溢れた空間だった。私も見ながら泣いたし、少年クラブっていい番組だなと心から思えました。

そしてきっと彼らのこういう場面に出会えたときに、彼らを好きでいてよかったよなと思えるんだなぁと感じました。


彼らがこれからも優しく愛に溢れ続けて輝けますように。

3/8の少年倶楽部を見て①

花より男子松潤にハートを射止められてから嵐と少年倶楽部が楽しみで仕方なかった中学3年間を送ってきました。それから久しくジャニーズから離れていたのですが2016年年末の歌番組にてA.B.C-Zにハートを鷲掴まれてからまた着々とジャニオタ道を歩んでいます。ゆえに勉強不足が多々見受けられるかと思いますが、私が彼らに対して思ったことなどを自分のための備忘録として書いていこうと思います。




3/8の少年倶楽部を見て①

私はこの日のSnow Manのパフォーマンスを見て、デビューすることだけが全てではないのかもしれないと思った。

ジュニアのグループでも個人でも、ダンスや歌が上手な子達が多いなとは常々感じていることではあったけれど、これほどまでにダンスやアクロバットメインのパフォーマンスを見たのは初めてで、だからこそ彼らSnow Manのレベルやポテンシャルの高さに衝撃を受けた。彼らはすごい、アクロがすごい、とんでもない。語彙力を失うほどでしたと彼らのせいにします。

どのジャンルでも言えることだけれど、テレビに出て華々しく活動しているのは本当にごく一部で、皆それぞれのフィールドで活躍して人気があって、というのがほとんどだと思う。

だからジュニアたちにも、もっと活躍できるステージが増えればいいのになと思った。少年クラブと時折行われるコンサートだけじゃ、全然足りないのじゃないか。
このグループはこれがすごいんだ!って言われていても、そこが主体となって前に出られる時間はテレビサイズの少クラ1時間だったらたったの一曲。メドレーで歌ったりトークしたり企画をしたり、でわちゃわちゃ盛り上がる様を見られるのはとても楽しく嬉しいけど、グループの持ち味を堪能するには弱いなと思う。

例えばバンドが行なうライブの形式に対バンというのがある。2つ3つとか複数のバンドが一緒にライブをするのだけど、持ち時間はそれぞれ決まっていてその中でバンドはMCを入れたり起承転結を作ったりする。
ここからは完全に私の願望になるんだけど、そんな感じのジャニーズ版の対バン、つまりはパフォーマンスショー、エンターテイメントショーのようなものがあればいいのになぁと。グループごとに4.5曲やってMC入れて、みたいな。少クラでは見られない、できないものをやるステージがあったらいいよね。ジャニーズJr.祭りとか、他にもうこういうコンサートがあったら申し訳ない。勉強不足です。

私は20〜25歳の間に発揮される男性の魅力がいちばん素晴らしいと思っていて、その時期にさしかかっている子達がこのまま魅力を十分に表に出せないままなのかと思うと本当にやるせない。

10代後半、20代前半は、体力面でも精神面でもハングリーでパワーに溢れているから、もっともっとその姿を見せてもらいたい。だってみんなとっても魅力的だから。その輝きが狭い場所に閉じ込められてどんどん色を失っていくのは悲しい。

デビューしたい!ドームでやりたい!って大きな目標を掲げるのは悪いことじゃない。そこに向かって進むのは素敵なことだと思う。けれどその言葉が呪縛のようになって彼らを苦しめているのならば、別にそんなものは目指さなくてもいいのじゃないかと、最近は思うのだ。

デビューせずに俳優として活躍し、後輩に道を作ってくれた生田斗真風間俊介は偉大だ。
そういうような、グループとしての新しい道はジュニア戦国時代の今、誰かが、もしくは全員で切り開くべきなのかもしれない。

最後にちょっとした疑問を置いておきます。「東京オリンピックでは本当に東西グループでデビューさせる気なのだろうか。」