読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3/8の少年倶楽部を見て②

中島健人くんと菊池風磨くんの絆メッセージ、それぞれ‬について。


中島健人くんの絆メッセージは3.11のことについて。内容は本当に素晴らしくてよくできた子…という感じでした。

彼の言葉選びは丁寧で、私はとても好きです。その言葉から作られる文章や語られる内容もしっかりしていて、ついつい彼の歩んできたこれまでのことを思わせるように感じます。真剣に考え選んだであろうその言葉たちによって、彼が本当に3.11のことを、人々のことを思ってくれているんだなぁとひしひしと感じました。

‪言葉がすばらしいのと、考えがすばらしいのとで、感動しました。語彙力。‬


菊池風磨くんの絆メッセージは同じグループのメンバーであり20歳を迎えた勝利くんに対して。

言葉にするのが苦手だから歌います、と自身が作詞した曲を勝利と2人で熱唱。2人並んで歌っているとき、勝利くんは風磨の方を向かずにずっと向こうを向いていた。もうこの時点で彼は抑えきれない思いがあったのかもしれない。サビ前には声がつまり出して最後には涙が溢れていた。

そんな勝利くんに対して、歌っているとき風磨は勝利のほうに体をむけて、覗き込むようにしていた。勝利を見る目は優しく、歌う彼の顔はとても柔らかだった。サビあたりからは肩に手をかけて、よくやったと頭をくしゃっと撫でていて。きっと多くは語らないけれど、いつだって側にいるし支えるよと、態度で伝えられる彼は、本当に素敵な先輩だった。

いろんなことがあった中で迎えた20歳に対して、そんな気を使うな、俺たち仲間だろって言うような風磨と、堪えきれず涙を見せた勝利、この2人の関係性に客席もみんな涙ぐんでいて本当に愛に溢れた空間だった。私も見ながら泣いたし、少年クラブっていい番組だなと心から思えました。

そしてきっと彼らのこういう場面に出会えたときに、彼らを好きでいてよかったよなと思えるんだなぁと感じました。


彼らがこれからも優しく愛に溢れ続けて輝けますように。